恋活アプリ

「Tinder」で狙い目の異性を見分けるための〇〇な方法とは?

 

こんにちは、あきるのです!

 

皆さま、マッチングアプリ「Tinder」でちゃんと出会えてますか?

出会えていないという方は、相手選びの段階ですでに間違っているのかもしれません。

今回はそんなTinder弱者のために狙い目異性を見分けるたったひとつのポイントをご紹介します!!

Tinder (ティンダー)とは、スワイプ機能で好みの異性を探せる世界最大の出会い系マッチングアプリのことです!

↓↓詳しい特徴はこちら
【ヒモ生活】ママ活するなら無料マッチングアプリ「Tinder」がおすすめ!

Tinderを始めてから真っ先に注目すべきは○○の有無!

Tinderは他のマッチングアプリと比べると写真と自己紹介欄だけというシンプルな作りになっていまして、その情報の少なさ故に、出会いに繋がる異性を見つけるのは困難極まりないのです。

しかし、ある一点だけに注目することで狙い目の異性を見つけることができます。

その注目すべきポイントとは、

「instagram連携の有無」です。

instagram連携とは、Tinderの自己紹介欄にinstagramの写真を掲載できる機能であり、連携している人はアカウント名の下に写真枚数が表示されます。

なぜインスタグラム連携をしている人が狙い目なのか?その特徴は?

そもそもTinderは匿名性が高く、誰が利用しているか分からないという危険性がはらんでいます。にも関わらず、”身バレ”というリスクを冒してまでinstagram連携するような人には以下の特徴があります。

●フォロアーを稼いで脚光を浴びたい素人
●ビジネス誘導したい業者
●かなりおつむの弱い人

分かると思いますが、当然狙うのは3つ目ですね。

一つ目の「フォロアーを稼いで脚光を浴びたい素人」は写真の枚数やフォロアー数を見れば明らかに多すぎるのですぐに分かります。写真の枚数が多いとリアルが充実している可能性が高いので、出会い系アプリを使う必要がありませんし、本人にも出会う意思は全くないでしょう。

2つ目の「ビジネス誘導したい業者」。こちらはTinderのプロフィール写真や紹介文を見れば分かります。絶対に素人ではないだろうという写真を使っており、紹介文も作り込みすぎているのですぐに違和感を感じます。

では最後に我々の標的である、3つ目の「かなりおつむの弱い人」の特徴です。プロフィール画像はどこかパッとしない素人感があるのですぐに業者でないことは分かります。また、インスタグラムの投稿数も少なすぎず多すぎずでリアリティーのある数字。実際に見てみると自分や友達の写真などをガンガン載せており、警戒心のかけらも感じられない。

こういった自己管理の甘そうな人は、後先考えずに誘いにもホイホイ乗ってくる傾向にあるので「真っ先に狙い撃ちするべき」なのです。

目ぼしい異性を見つけたらこちらのテクニックを使おう!
【無駄な会話必要ナシ!】出会い系アプリで手っ取り早くLINE交換できる「魔法の言葉」とは!?

こんなアカウントに注意しよう!

●明らかに素人ではない写真
●作り込まれ過ぎた自己紹介
●フォロワーや写真の枚数が妙に多い
●顔写真が少ない

Tinderは世界規模のアプリで、誰でも登録可能なのでそのシステムを逆手にとって悪用しようとする輩も多く存在します。

一つ選択を誤ると怪しいビジネスに取り込まれたり、個人情報を盗まれて身に危険が及ぶかもしれません。出会いやすい反面、そういったことが多いのがTinderの欠点です。十分に注意して使っていただきたい。

PCMAX(ピーシーマックス)なら安全にサクッと出会える!

PCMAX

◆会員数1000万人突破の日本最大手の出会いマッチングサービス◆

≪会員数1000万人突破≫
≪創設から10年以上のサイト運営実績≫
≪女性は完全無料≫
≪フリーメール・匿名での登録OK≫

>>公式サイト<<