転職・派遣・アルバイト

【就活】スーツを着る前に読んでほしい!いつからか植え付けられた就職活動の幻想と失敗するやり方!

はむら
はむら
就活必死にやってるけどなんだか虚しい
あきるの
あきるの
じゃあなんでやってるの?
はむら
はむら
えっ、、「やらなきゃいけない」から??
あきるの
あきるの
ふ~ん

こんにちは、あきるのです!

本日は就職活動を目前にした、新卒の皆様や初めて就活するという方に向けて伝えたいことを体験談を交えて記事にしました!

スーツに袖を通す前に知っておきたい心得や価値観を共有して就活に対する幻想を払拭していきましょう!

「なんとなく」就活やってません?

まず、新卒の皆様は「就職活動」にどんなイメージを持っていますか?

・大変そう
・めんどくさそう
・絶対にしなきゃいけないもの
・人生の通過儀礼
・形式的なもの
・人生を左右する分岐点

こんな感じですかね。

私も就職活動に対してのイメージはこんなぼんやりしたもので、とにかく億劫でした。

なので出来るだけ何も考えないようにして、就活を目前にしながらも精一杯遊ぶことに時間を費やしていました。当然何がしたいのかや将来のビジョンなんて想像もしていませんでしたね。

そんなふわふわとした状況でしたので、いざ就活が始まると

就職課の方々の口から、

自己分析」「業界研究」「エントリーシート」「集団面接」などと、今か今かと待ち受けていたような聞き慣れない言葉が飛び出してきて、戸惑いました。

 

え、急になに?

 

そんなこと急に言われても・・・

それから、就職課に提示されたリクルートサイトにとりあえずエントリーして説明会にいって、エントリーシートを書いて、面接に進んで、なんとなくやった気になっていました。

結果から言うと全敗。

 

途中志望業界を変えたり、就活シーズン終盤には何でもかんでも受けてみたりしましたが結果に結びつきませんでした。

私は、友人が就活をクリアしていくなかで焦りだけが先行して、結局何がしたいのかという肝心なことを見失ってしまっていたのかもしれません。

結局ここでは本当にやりたいことを選択できず、就活は諦めました。

 

もちろん働かなければという意識はありましたので親のコネで仕事を見つけました。

そこで入った会社が電気工事士だったのです。

上の記事でも書いていますが、正直な話、望んだ職場ではありませんでした。

結局その会社も辞めてしまいます。

 

もし仮に就活終盤で見事に内定を勝ち取って、よくわからない会社に就職していても同じ結果になったと思います。

就職活動という名の幻想に騙されるな

調べてみると新卒の離職率32%らしいです。
全体の3割は辞めているということですね。

必死にエントリーして、企業研究して、面接を受けて、やっとのこと内定をいただても、結局は働いてみないと分からないのです。

 

統計では3割となっていますが、私の周りの人たちは5割以上は新卒で入った会社を辞めて転職していますね。

具体的な職種を言うと、銀行員、重機のレンタル会社、保育士が数人、飲食など、どれも人間関係が理由です。

人間関係なんて就職活動で知ることなんてほぼできないと思いません?

周りの転職の傾向からみても一番重要なことなのに就職活動では分かりません。

にも関わらず、就職活動においてはそんなことには触れず、「自己分析」や「企業研究」といったよく分からない工程を踏んで企業を選ばなければなりません。

本当にそれって意味あります??

 

まず、働いたこともないような業種にいきなり飛び込んで続けられると思いますか?

そこで一生働いていくつもりですか?

頑張って就活して入った会社だからやめるわけにはいかない?
その就職活動に意味がないのに今の環境が大事なのですか?

そういうことです。

 

私は、もはや就職活動なんてただのブームだと思ってます。

世間がみんなやってるから、適性年齢だからとかそんな理由でワラワラと寄って集まって馬鹿の一つ覚えのように説明会に参加して、企業も張り切ってブースなんか広げてしまって。

実際説明会に参加していない会社なんて星の数ほどあります。

それをあんなお遊びのような空間に出向いて、少ない選択肢の中から高い倍率をくぐって就職して。

そんなことをしている暇があったら派遣でもバイトでもなんでも、実際に働いてみて、その業種の空気感・人間関係を知る方がよっぽど就活していますよ。

 

つまり、世間でいう就活は怠慢なんです。

そんな世間の幻想に騙されて、必死に就活して得るものなんかちっぽけなものです。

私は一度仕事をやめて、派遣で色々な職種を経験したのでよくわかります。

本当にやってみないと分からないんです。

 

パソコンを触るのが好きだったので、ぼんやりとそういった仕事につけたらいいなと思い派遣で実際に働いてみました。

しかし、仕事内容や手当どうこうではなく、ずっと座っているということに耐えられませんでした。好きな動画やブログを書いている分には楽しいかもしれませんが仕事となると違います。

もし不毛な就職活動をしてこの業種で正社員になっていたら、大きく後悔していたと思います。

そういったことを学校を卒業してから5年以上経った時点でやっと気付けたのです。

就職活動とは無意味だったのだと。

今は実際に働いて本当にやりたいと思える仕事を見つけ、楽しくやっています。

 

5年を無駄にした私は今から就職活動を始める皆様に遠回りをしてほしくないのでこの場で伝えます。

もう焦らなくても大丈夫です。

今すぐにスーツなんか脱ぎ捨てて、本当にやりたいことを見つけにいきましょう!

チャット型転職アプリで探してもらう!

ダウンロード