趣味・一人暮らし

1人暮らしの部屋から冷蔵庫を処分してみた結果!

冷蔵庫を処分しようと思った2つの理由

料理をしなくなったため

一人暮らしと言えば、最初に始めるのが自炊ですよね!

私が自炊を始めた理由は以下のことです。

・料理が作れるかっこいい男になりたい
・毎日作って生活費を抑えたい
・人間力を身に付けたい

一度始めたことは納得の行くまでやるタイプなので、実際に始めてみるとしっかり自炊のノウハウを身に付けていきました!

実際1人暮らしを始め、東京に引っ越すまでの間の何年かは継続して自炊をしていましたね。

しかし、正社員をやめてお金にシビアになってからは、必要なものとそうでないものをはっきり区別するようになり、自炊の必要性を考えるようになりました。

結果的に導き出された答えは「自炊なんて必要ない」です!

というのも如何せん賭した費用や労力に対し、見返りが少なすぎることが問題でした。

まず、初期投資

調理するにあたって必要な調味料・調理器具(ガスコンロや電子レンジなども含める)
次に食材を保存するための容器類・冷蔵庫
出来た料理を食べるのに使う食器類

などを揃えなければいけません。

また、それらを保管する場所にも毎月の家賃という費用がかかっています。

次に自炊にかかる時間と労力です。

たとえばコンビニ弁当を買って食べるまでの時間が30分だとすると

自炊して食べるまでの時間は作るものにもよりますが、買い物から食事をするまでに1時間半以上はかかります。

しかもそこに皿洗いも含めるとなんだかんだで2時間はかかってしまいます。

それが年間を通してだと結構な時間を食事に捧げてしまっていることになりますね。

それで如何ほどの利益が見込めるかというと実は金銭面では大赤字です。

単純に料金だけで見ても

自炊 弁当等の即席飯
食費/1日 1,000円 500~1,000円

 

自炊だと仮に3食分作ろうと思うと、1,000円前後はかかります。

即席飯の場合、カップ麺を買ってしまえば500円以下で済んでしまう日もあります。

毎日100円違うだけでも年間を通せば大きな誤差になりますね。

結果殆ど変わらないようですが、即席飯にかかる労力なんてあってないようなもので最後は捨てて終わりですから、圧倒的にお手軽なんです。

じゃあ自炊で得られる見返りは何なのか。

それは、野菜を積極的に取り入れることができるので健康的な食事ができるということと、自炊をしているという独りよがりの充実感だけです。

金銭面にシビアになっている今の現状で自炊をする費用対効果はゼロだということが分かりますね。

単純に邪魔だったため

近頃わたし、1LDK(6帖二間)の部屋から5帖1Rの部屋に引っ越しました。

狭くなってるやん!

と思うかもしれませんが、部屋の広さより利便性に重きを置いた結果のこの部屋です。

自炊をしないという選択をとるとキッチンは必要最低限の空間があればOKになります。

また、食材を保管する必要がないので冷蔵庫もほぼ必要がなくなります。

たったそれだけのことでどれだけいい条件の部屋に住めると思います?

確かに部屋は狭くなりましたが、職場から近いので通勤が楽になりましたし、人気エリアなのでここに住むだけで割とどんなお店でも利用できます。

この部屋に行きつくまで色々遠回りはしましたが、必要なものとそうでないものの取捨選択ができるようになると、必然的に小さな空間でも事足りるようになるのかもしれませんね。

冷蔵庫を処分した方法とは

冷蔵庫を処分したのは前の部屋の退去日前日でした。

始めはよくわからなかったので、買取してもらおうと思いハードオフなどの大手買取店からマイナーな買取業者まで片っ端から電話しました。

しかし、年式が古い冷蔵庫ですとどの業者さんにも買取どころか回収費用がかかると言われ他の方法を試すことに。

次に考えたのが、区の回収業者に頼む方法。

しかしこれも冷蔵庫の場合ですと別枠になり、回収費用がかかってくるうえに即日回収とはいかなさそうだったので断念しました。

結局最後に連絡したのは、たまたまポストに投函されていた廃品回収のチラシの業者でした。

今まで調べたどの業者よりも安い価格がチラシに書いてあったので、即決してすぐに来てもらいました。

1人暮らしの冷蔵庫といえど、ツードア式の大きいものだったので業者さんも流石に大所帯でくると思いきや、来たのは一人だけ。

チラシには回収料金3000円と書いてありましたがいくらになるのか・・・!

何やら渋い顔をしながら、はじき出された金額は4,000円

おっ・・・本当に安いじゃん。良かった・・・。

しかしそこに運搬日上乗せで合計1万円なりました(;´・ω・)

まあ、そうなりますよね~

他にトースターやベットも回収してもらったので、結局2万円ほどかかりました。

高くつきましたが、即日回収で割となんでも譲り受けてくれることを考えると安い方だったのかもしれませんね。

実際冷蔵庫が無くなってみて

確かに邪魔な冷蔵庫がないと5帖の部屋でも有意義に使えます。

料理もしないし、それほど必要ないだろうと軽く考えていました。

しかし、実際に冷蔵庫のない生活が始まると、冷えた飲み物が家にないというのは結構なストレスになるということに気付きました。

今では当たり前になっていましたが、人間の発明ってすげえ!と改めて思わざるを得ないです。

あとは金銭面でも大きな負担になることが分かりました!

家で冷たい飲料水が飲めないとなるとコンビニやスーパーで買うしかないのですが、まあ出費がかさむ!

安く済ませようと2Lのペットボトルを買っても、1回で飲める量なんて知れているのですぐに常温になってしまいます。

牛乳パックにしてもそうですが、大きければいいというものではない!

しかも気分であれこれ飲みたいじゃないですか。

そうなるとこれも必然的に単価の高い小さなサイズの飲料水を買うことになるので1日の飲み物代に500円以上はかかってしまいます。

なので確実に飲食代に1000円以上はかかってしまいますね・・・。

切り捨てて正解だったものもあるので取捨選択は大いに必要なことではありますが、精神的にも金銭的にもここまでゆとりがなくなるとは思ってなかったのでこれはちょっとだけ誤算でした。

仕方がないので1万円ほどで買える小さな冷蔵庫を買うことに決めました!!

というより、1万円なんて数日で元がとれてしまうぐらいの出費がかさんでいるので買わねばなりません^^;

購入し次第、また報告いたします。

では最後までご覧下さり、ありがとうございました!!

転職ならチャット型アプリが便利♪

ダウンロード

—–ピコジョブの特長—–
            
●2017年「転職決定人数部門第1位」受賞(※)の確かな実績を誇る転職のプロが対応。
●いつでもどこでも、無料でプロの転職コンシェルジュに相談できる!
●チャットだからこそ、どんな些細な悩みや疑問でも気軽に相談して即解決!
●転職の軸が決まってなくてもOK!とりあえず相談・情報収集のみも大歓迎。
●チャットで条件や希望を伝えるだけで、マッチングする求人情報が紹介してもらえる。
●非公開の求人情報も豊富なので、やりたい仕事がきっと見つかる!
●個別にじっくり相談できるからこそ、思いもよらない適職が発見できるチャンスが!
●気に入った求人情報をストックしておくことが可能。後で比較検討することができる。
●ワークポートの公式キャラクター大崎みなとが対応!
●すべての機能が完全無料で使えます!

—–こんな方にオススメ—–

・初めての転職で何からはじめたらいいのかわからない方。
・自分の市場価値が知りたい方。
・本格的に転職を希望しているわけではないが、ちょっと気になっている方。
・身近に転職の相談ができる人がいない方。
・転職したいけど探すのが面倒、簡単に情報収集したい方。
・転職エージェントに相談しに行く時間がない方。

—–アプリのダウンロードはこちら↓—–

ダウンロード