転職・派遣・アルバイト

【Part2】本当は怖い!?「海外出張」に潜む罠~中国編~

はむら
はむら
あっきーさん、いつになったら青空を見られるんでしょうか?
あきるの
あきるの
この曇天の空も君の心も晴れることはないのさ・・・

 

前回は海外出張を任された私が、中国の広州という地に降り立つまでの出来事をご紹介しました!

ふわふわと旅行気分でやってきた私でしたが、そこにあったのは酷く劣悪な環境だったのです・・・!

今回はそんな場所での初勤務の様子食事事情をお話ししていきたいと思います♪

地獄の勤務、開始!

いよいよ仕事開始(/・ω・)/

絶望的な海外出張の幕開けとなりましたが、嫌なことは仕事に打ち込んで忘れましょう!

実際に働く現場は宿泊先から車で1時間ほどの場所にあり、現地の機械屋さんの運転で向かいます!

名古屋走りを超える運転の粗さと無言の車内に耐えつつも、現場へ到着。

建物は思ったよりも綺麗!しかもでかい!

これはちょっと期待していいかも・・・?

屋内に入ってみると、大手自動車部品製造のデ〇ソーなどの会社と遜色ないぐらいの設備が整っています!

どんな汚い職場で働くのかと不安だったのでここで少しホッとしました。

さて、ここでの仕事内容はいたって簡単。

現地の機械屋さんの指示の元、車の部品を作る機械をあっちからそっちへ移動するだけです!!

でもあれっ?

全然作業のGOがかからない・・・・?

ここからいわゆる「待ち」の時間が数時間・・・いえ、数日続きます。

そもそも通訳がカタコトの中国人しかいなく、機械屋さんとのコミュニケーションがまともにとれないので、どんな問題が起こっているのかもよくわかりません。

いつ仕事に取り掛かれるのか、いつ終わるのか全く見通しのつかない毎日・・・

しかも日本にいる社長は「終わるまで帰ってこなくていいぞ」なんて余計なことを言ってくれてしまうので帰国という淡い期待が遠ざかります。

ただ国内の遠方の職場から帰れないぐらいならまだいいんですよ。

どうしても帰りたければ仕事を放棄してでも帰ることができますから。

でもここは国外。

帰りたくなってもそう簡単には帰れません。

第一お金がないですから・・・

もう気分はどん底です!!!

最悪!中国のご飯事情!

どれだけひどい環境に身をおいても、食事さえ美味しければまだ救われます!

日本でしたら何をどこで食べても大概美味しいのですが、ここは違います。

スラムと見紛えるほどの劣悪な環境ですよ。

もうお察しですよね。

工場の社食で野菜炒めとお米を頼んだのですが・・・・

米が・・・黒~~~い( ;´Д`)

正確には灰色ですかね。

もうこれはショックなんてもんじゃないですよ。

お米って全幅の信頼をおいて食べるものじゃないですか!?

それが黒いって・・・許せん!!

そういう品種の米だとしても、あの街角のゴミの山や、大気汚染問題を考えると何かしら影響を受けているとしか思えないんですよね。

本当にこれだけはシャレになりません!

ホテルから歩いていける距離にある飲食店もそうです。

よくこんなところで商売が成り立っているなというレベルの店。

ここで私はチャーハンを頼みました。

さすがにお店です。

もう工場の社食のような悲劇はないと信じ、注文しました。

ですが・・・・やはり黒い( ;∀;)

もう店で食事をする以上、この黒い米からは逃げられないと悟りました。

私はこの日以来、社食や安い飲食店の食事を絶ち、ホテル近くの売店で買った袋詰めのマフィンのみを食べて生活することに決めます。

あとは飲料水!

基本的に現地の水を飲むとひどい下痢に襲われてしまうので、飲料水は自動販売機や売店で購入します。

ここで絶対に外せないのがペプシコーラスプライト

この2つは日本のものとまったく変わらないので、安心感しかありません。

炭酸なので満腹感も得られて一石二鳥ですよね。

お茶も売っていますが、なぜか甘い・・・

悲しいですが、ここから帰国前日の夜までこれら中心の食生活が続きます。

 

口に合わない食事。

いつになっても始まらない仕事。

不明確な帰国日。

果たして私は無事に日本に帰れるのでしょうか・・・!!

 

Part3に続く

転職ならチャット型アプリが便利♪

ダウンロード