恋活

ハロウィンパーティーで女の子を『お持ち帰り』してドン引きした話!

 

突然ですが、皆さまは

 

『お持ち帰りって経験したことありますか?』

 

もうそろそろハロウィンの季節ですし、気分も開放的になってお持ち帰りされる女性も増えてくることと思います。

ですが、男性諸君はお持ち帰りできたからといって決して安心してはいけません!

相手の領域に踏み込むということはそれ相応のリスクがあるのです。

今回は、そんなお持ち帰りで私が体験した鼻のひん曲がるようなお話をご紹介していきたいと思います。

社会人サークルの『ハロウィンパーティ』に参加申し込みしてみた!

 

上京して間もなかった私は知り合いを増やすべく、つなげーとというサイトを使って社会人サークルに加入しました!

 

この社会人サークルは、「社会人1・2年目」という縛りはあるものの、とくに目的はなく、とにかく遊びましょう!という感じの集まり。

 

なので、飲み会はもちろんのこと季節が巡ればその時々でイベントごとをするわけですが、この話はちょうど今と同じハロウィンの時期のことでした。

 

いつも通り、サークルのリーダーがメンバーにLINEで募集をかけます。

 

サークルには40人以上メンバーがいますが、必ず全員参加というわけではなく行きたい人のみLINEのノートにいいね!して参加を希望するシステム。

 

当然私は、友達作りに躍起になっていたので即いいね!しました。

 

これが悲痛な思い出になるとも知らず・・・

ハロウィンパーティー当日!果たしてお持ち帰り成功なるか!?

 

なんでもパーティ会場は六本木にあるビルの一室とのこと。

 

私にとって上京して初めてのハロウィンイベントなので、気分が高揚していました。

 

そしてハロウィン当日。

 

会場に徐々に人が集まり始めます。

 

リーダーを含め、顔見知りの人間も何人かいるので身内ネタで盛り上がっているとそこに、魔女の宅急便のコスプレをした女の子(仮名:みさき)がやってきました!

 

ものすごく可愛いというわけではありませんが、清潔感があり社会人サークルには珍しいリア充っぽい女の子です。

 

当然、出会い厨の私はみさきちゃんにロックオン。

 

一応パーティーなので、会場を私のネトゲ恋愛という鉄板ネタで場をわかせつつも、みさきちゃんに鬼絡みしていました。

 

オンラインゲーム(ネトゲ)で『ネナベ』と出会ってセックスした話! そう・・・これは私の最初で最後の数奇なSEXヒストリーである。――――――― 突然ですが皆さまは、『ネナベ』ってご...

 

最後に集合写真を撮って、ハロウィンパーティは終了。

 

悪夢の幕開けである。

2人きりの帰り道。突然の雨。

 

駅に着くと、まさかのみさきちゃんと同じ電車であることが発覚。

 

必然的に一緒に帰る流れになりました。

 

みさき「なんかこのまま帰るの恥ずかしいね。」

私「よかったら家まで送ろうか?俺は平気だし。」

みさき「えっ、ほんと?駅から距離あるけど大丈夫?」

私「全然大丈夫!帰りはポケモンGOやりながら帰るから^^」

 

そう、この頃ポケモンが大ブームだったので、ポケモンGOという大義名分もあり、なんとか家までついていくことに成功した!

 

すると移動中、まさかの雨が降り出したのだ。

 

か、神ィィ~!!!!

 

みさき「降ってきちゃったね」

私「うん、でも帰りでよかったよね~」

みさき「帰りどうする??」

私「うん~~~なんとかなる・・かな?」

みさき「うちで雨宿りしてく?」

私「え、まじか!めっちゃ助かる!」

 

・・・・・

 

・・・・・

 

腐敗・絶望、『第9地区』へ突入じゃ~!

 

これで家に入る口実はできたので、さっそくみさきちゃんのアパートへ。

 

さて、どんな綺麗な部屋なんだろうな~♪

 

シンプルの中にも女の子らしさが垣間見える部屋かな~

 

個性的な置物がセンスよく配置されてる部屋かもしれないな~

 

なんて、夢を膨らませいざ突入!!!!

 

は??

 

部屋汚っ!!!

 

いや、なんだろう・・・・

 

たぶん片付けたんでしょうけど、整理されているというよりは寄せ集められているだけ。

 

ま、まあ色んな女の子がいるし仕方がない。

 

大切なのはそこじゃない。

 

(―――――みさきちゃんがおもむろに靴下を脱ぎ始める)

 

そう、それどころじゃないんだ。

 

部屋の汚さなんかどうでもいい。

 

(―――――両の足があらわになる)

 

大切なのは、君の・・・!!!!!

 

もわ~~~~~~~ん

 

く、くっせええええええええ!!!!!!

 

ふぁっ!?!?!?!!?!?!?

 

一体なにごと!?

 

い、異臭の発生源はみさきちゃんの足だあああああああああ!!!!

 

それまで浮ついていた私の意識はそこに一点集中!

 

一日中歩き回ってたとはいえ、これはやばいぞ・・・・

 

しかし、さすがに家にきてすぐ帰るとも言えない・・・・・・!

 

うぐぐぐ~~~~

 

なるべく距離をとるために部屋のモノをウロウロ見て回っていたのだが、近寄ってくる。

 

なんだろうこの納豆を水分が無くなるまでひたすら混ぜたような臭い・・・

 

グランズレメディ薦めてあげたさが凄み~!!

 

 

その後1時間ぐらい居たのだが、さすがに無理だと思った私は雨が弱まったタイミングで家を脱出することに。

あれだけ念願だった「お持ち帰り」ですが、もちろん何もなく終わりました。

 

 

私のセカンド童貞物語はまだまだ続くようです。

 

さようなら。

 

ララバイ