趣味・一人暮らし

格安SIMに変えて月々の携帯代が2,600円弱に!手軽に作れる「BICSIM」とは?

 

あきるの
あきるの
こんにちは、あきるのです♪

 

皆さんは月々の携帯代にいくら払っていますか?

おそらく大体の方は8,000~12,000円ぐらいが普通でしょう。

毎月1万円前後となると、1人暮らしをしている社会人などにはかなりの痛手ではないでしょうか?

でももしそれが4分の1程度の金額になれば、携帯代なんて取るに足らないものになりますよね!

実はそれ、格安SIMを使えば容易に実現できるんです。

情報リテラシーの高い人は何年も前から持っていて、1年ですでに7~10万円程度の節約に成功しています!

それでは、そんな使ってお得な格安SIMについてご紹介していきたいと思います!

格安SIM(MVNO)とは?

格安SIMとは携帯電話に入っているSIMカードを利用したその名の通り格安のインターネット・通話サービスのことです!

通常はドコモ・au・softbankといった3大キャリアで携帯電話を契約するのが一般的ですが、格安SIMはそんな大手の電波を借りて、低価格で通信環境を提供している会社というわけです。

もちろん電波を間借りしているわけですから、大手の電波よりは劣りますがそこまで高速の通信環境を求めていない人にとってはうってつけの事業なんですね。

ただ、もし格安SIMを使う場合にはSIMフリー端末が必要な場合があるので注意しよう!

格安SIMを使うにはSIMフリー端末が必要?

SIMフリーとは簡単に言えば、他社の通信会社のSIMでも使えるようになる仕様のことです。

ドコモ・au・softbankの場合ですと、初期状態ではそれぞれのキャリアのSIMしか使えないようになっているので、店頭にいってSIMロック解除をする必要があります。

解除はショップで3000円程で出来るので、特に手間は入りません。

SIMロック解除をした時点でその携帯電話はSIMフリー端末になります。

あとは大手3社の携帯ショップ以外、例えばアップルストアで購入したiphoneなどは最初からSIMフリーの状態になっているのでSIMロック解除の必要はありません。

中古の携帯ショップなどにもSIMフリー端末が置いてあるのでそういったものもチェックしてみると良いでしょう。

大手キャリアとどのぐらい速度が違うのか?

高速通信時は体感での違いはとくに感じませんが、低額プランやネットの使い過ぎの関係で低速に切り替わってしまうと、動画を見たりゲームをしたりといったことはほぼ出来ないぐらい速度が落ちると考えていただいたほうが良いです。

私の場合、スマホはLINEや簡単なネットの閲覧ぐらいにしか使わないので、常に高速通信の状態を保てており、遅いと感じたことはありません。

何か裏があるんじゃないの?

安いからには何かあると思うのが人間というものです。

私もそう思って徹底的に調べ尽くしましたが、どれだけ調べても大手より速度が劣るということぐらいしかデメリットはありませんでした。

むしろ大手のように2年縛りなどの契約期間がない格安SIM業者もあり、あってもせいぜい1年縛りで更新月などの煩わしい期間もないので良心的と言えますね。

デメリット以上に安いという最大のメリットがあるので、使わないことの方が損だと私は思います。

ビックカメラで即日契約できる「BICSIM」がおすすめ

BICSIMとは格安SIMで人気のiijmio」とビックカメラが提携して出来たビックカメラ版iijmioのことです!

なぜこのBICSIMがおすすめなのかというと、本家には付いてこないビックカメラ限定の特典があるからです!

そもそもiijmioとは安定した通信速度で話題の人気格安SIMなのですが、iijmioの機能はそのままに、BICSIMでは更に「公衆無線LANサービス」がついてきます!!

なんだ、そんなのスタバとかにもあるじゃん!

なんて思うかもしれませんが、そういった店舗での無料wifiは飲食などをした方を限定にしたサービスであってどこでも気軽に使えるものじゃないですよね?

しかし、そんな無料のネット環境が更に広域で使えるとしたらどうですか?

便利ですよね?

通常そういった公共無線サービス「Wi2 300」を利用するには月額390円という金額がかかるわけですが、このBICSIMならそれがタダになります!

この無線サービスを使えば、回線速度が速くなるだけでなく自分の回線使用量も節約できるのでとても便利です!

3大キャリアよりは電波が劣る格安SIMですが、こういった会社独自の特典を活用することで欠点を補うことができるので、BICSIMはかなりお勧めです!

続いても下記では、iijmioやBICSIMならではのメリットをご紹介していきます♪

 

店頭にいけば即日開通!面倒な設定もお任せできる!

格安SIMとは言っても、申し込みから契約、実際に使うまでに期間を要しそうですよね。

しかし、BICSIMならビックカメラにあるBICSIMカウンターに行けばその場で即日開通することが出来てしまいます!!

しかも分からないことは全てあちらでやってくれるので、面倒な設定も丸投げしてしまえば大丈夫です♪

実際私はiphoneでBICSIMを利用しているわけですが、最初はSIMカードの入れ方すらよく分からず本当に回線が繋がる段階まで事を運べるか普段でした。

しかし、店頭にいったらご丁寧にSIMまで入れてくれるじゃないですか!!

なんてゆとり仕様!!

簡単な書面を書いて、ビックカメラを出るときにはもう回線は繋がっていました。

どう考えても一番手っ取り早く、楽な格安SIMであると言い切ることができます!!

電場番号を引き継ぐことができる!

よくauからドコモ、softbankからauのように電話番号はそのままに携帯会社を乗り換えたりしますよね?

格安SIMでも同じことで、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)というサービスを使えば今まで使用していた電話番号を格安SIMにそのまま引き継ぐことができます!

仕事でも使っている電話番号だったり、色んな人と繋がっていて今更電話番号を変えられない!という場合にはうってつけのサービスですよね。

速度が自由に切り替えられる!

これは提携元のiijmioの機能でもあるのですが、専用無料アプリ「みおぽん」を使えば、なんと通信速度が手動で切り替えられます!!

なんか可愛らしいですよねw

もうほんとにただ速度を切り替えるためだけのアプリです!

開くとこんな画面になっており、自分の契約したプラン名・高速通信ができる容量の残数・契約している電話番号・ON/OFFの切り替えのみ表示されています。

このスイッチをOFFにすることで低速通信にすることが可能なため、LINEやメールを受け取りたいだけの時は低速にしておけば容量を節約することができるというわけです!!

BICSIMにする前と後での携帯代金の比較

私は元々ドコモの携帯電話を使用しており、パケ放題と通話の低額プランだけで月に8,000円ほど支払っていました。

電話のし過ぎで1万円まで超過する月もありましたね。

1人暮らしの身としては、少々お高いです。

いえ、めちゃ高いです!!

保険料などと殆ど変わらない金額を毎月払っているわけですからね。

しかし、BICSIMに変えてからはなんと毎月の支払いが2,500円になりました!

恐ろしく安いと思いません?

ブラックサンダーに換算すると、たったの80個分ですよ!!

速度が遅いといいますが、実際BICSIMで十分です。

無ければ無いで使う頻度が少なくなるだけですし、最低限LINEで連絡が取れればいいじゃないですか。

電話だって友人とでしたらLINE電話を使えば電話代は節約できます。

どうしても電話を使わなければいけない場合は、みおふぉんダイアルというアプリを使えば電話代が通常の半分になります。

私の場合、あとの浮いた金額で光の固定回線を引いていますが、合わせても6,000~7,000円ぐらいです!

携帯代金が節約できれば、他のことにお金が回せるのでとても賢い選択肢だと思います!

最後に

いかがでしたか?

新しいことを始めるのは面倒ですし、ちょっと怖いですが

やってみると意外となんでもないことだったりするものです!

もしあなたが節約を本気で考えるなら真っ先に格安SIMにしましょう。

変えたところで大きく勝手が変わるわけではないですし、すぐに慣れます。

こんなに分かりやすく、手っ取り早く節約できる方法は他にないんじゃないでしょうか?

今使っているネット環境が本当に適切かどうか考えて、もし身の丈にあってないと感じるなら、格安SIMに乗り換えてみるのもありだと思います!

それでは、最後まで見ていただきありがとうございました♪